スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨乳に見えるバストメイク!谷間は描く時代!

巨乳に見えるバストメイク!谷間は描く時代!

米国のアカデミー賞やカンヌ国際映画祭でのセレブのドレス姿、素敵ですよね。当然ヘアとメイクにも気合いが入っているのですが、よく見るとデコルテや腕など、ボディまで入念にケアされていることが分かります。

ボディのアザやシミをカバーしたり、胸元の広いドレスを着た時に胸元が豊かに見えるように、メイクでボリュームUPすることもできます。

そこで、水着やミニドレスなど解放的な夏にぴったりの、デコルテメイク術をお伝えしようと思います。



■簡単”バスト”ボリュームアップ術!

準備するものは、パッド入りの胸を寄せるタイプのブラに、パウダーシャドウ(アイシャドウやチーク)、フェイスパウダー、パールなしのハイライト、毛先が斜めのタイプのブラシ、チークブラシです。

(1)まずブラをつけ、肌に影を作るカラーをチークブラシにとって、胸の谷間から丸みに沿って、シャドウを入れていきます。グレーブラウンや日焼け肌に見せるダークオレンジなど、肌に馴染みやすいカラーをチョイス。始めは薄く入れていき、次第にお気に入りの濃さに仕上げます。

(2)次に、肌よりも明るいトーンの白系のカラー(ホワイトベージュやオフホワイトなど)をダークカラーの上下に、ダークカラーをぼかすように入れていきます。谷間にもハイライトを入れると、より谷間が強調されます。

(3)シャドウは、谷間にフォーカスするのではなく、洋服の内側まで入れ、デコルテ全体にパウダーをかけて仕上げます。

シャドウよりもハイライトを活かすと、より自然に見えますし、シャドウを使わない場合は、ハイライトを胸の丸みの高い位置や、谷間にのせるだけでも立体感が生まれます。

できあがったら、左右の角度や自然光の下で、不自然に見えないかチェックします。こうすることで無理やり胸を寄せなくても、肌をキレイに見せ、簡単に胸元の印象を変えてくれます。

胸元の開いたドレスを着る時などは、胸元やデコルテもキレイにすると、断然おしゃれに見えます。ぜひ取り入れてみてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する