スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口内が不衛生な女は絶対にムリ!男性がNGな女性のお口!

口内が不衛生な女は絶対にムリ!男性がNGな女性のお口!

女性自身だってとても気になることで、男性が女性と話をするときに密かにチェックしているのは口臭や歯の黄ばみなどに象徴される、お口のケア。朝・昼・晩と一生懸命歯みがきしていても、それだけでは口内の表面積のたったの25%しかキレイになっておらず、残りの75%は菌だらけの状態だって知っていましたか? 

どんなに歯みがきを頑張っても口が臭いのは、そんな不十分な口内ケアが原因かもしれませんよ。

■半分以上の女性がお口のトラブルの経験あり

女性でお口のケアを気にしている人は多く、『ジョンソン・エンド・ジョンソン』がシティリビング社の協力で20代から50代の働く女性848人に行ったアンケート結果をご紹介しましょう。オフィスでどんなオーラルケアをするか聞いたところ、805人が歯ブラシと回答。

そのほかのブレスケア、デンタルフロスなどはいずれも30%以下の回答となりました。一方で、「ここ1年で経験したお口のトラブルは?」との質問に一番多かった答えが「口臭(462人)」。その次が389人で「歯石の付着」でした。

■歯ブラシだけじゃオーラルケアは無理!?

歯ブラシは一番身近で簡単なオーラルケアの方法ですが、実はそれだけでは不十分なのです。口臭や歯石が付く原因は、口の中に存在する菌。その菌はネバネバした膜で覆われた塊となって存在します。この塊を「バイオフィルム」と呼びますが、バイオフィルムは口内の粘膜や舌、歯ぐきなど口の中のあらゆる場所にはりついているのです。

歯みがきでは歯についたバイオフィルムを除去することはできますが、それでも口の中の表面積の約25%にすぎず、残りの75%にバイオフィルムが付着している場合は、依然として口の中にあるというわけ。歯みがきをどんなに熱心にやっていても、口全体のバイオフィルムを除去しなければいつまでたっても口のトラブルに悩まされてしまいます。

■口内のバイオフィルムを除去する方法は?

そんな口内のあらゆる場所についてしまったバイオフィルムを、効率的に除去するために良いのがマウスウォッシュ。23,000名の会社員を対象に行った日本口腔保健協会の調査では、日常のオーラルケアにフロスなどの歯間部清掃とマウスウォッシュを取り入れると、健康な歯肉を持つ人の割合が30代では17.5%から33.3%、40代では17.4%から32.2%と平均でも約2倍に増えたという結果が出ています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンが展開する『リステリン(R)』は100年以上前に世界で最初のマウスウォッシュとして誕生し、今では世界売上1位を誇る、マウスウォッシュ界のベストセラー。4種類の薬用成分を配合しているので、口内のバイオフィルムに浸透、殺菌して、歯肉炎や歯垢の沈着、口臭を予防してくれます。

ご紹介したとおり、歯みがきとマウスウォッシュを併用するのが正しいお口のケア。ぜひマウスウォッシュをこれからのケアに取り入れてみませんか?
スポンサーサイト

プールや海で他人の水虫が感染?気を付けたいポイント

プールや海で他人の水虫が感染?気を付けたいポイント

暑さが厳しい日が続いています。そんな時こそ、海やプールに出掛けるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな楽しいイベントとは裏腹に、海やプールでの過ごし方のせいで、彼氏や友達に言えないようなトラブルを抱えてしまうこともあるのです。それは、この時期に急増する”水虫の感染”!

今、「まさか……」と思ったそこのあなた! 下記のような水虫の症状が出ていないか、足の指を広げてチェックしてみてください。


■水虫に感染しやすい要注意スポットは”海とプール”

白癬菌(はくせんきん)という、カビの一種に感染することで起こる皮膚の病気のことを、水虫と言います。白癬菌は、感染している人の皮膚から剥がれ落ちる角質の中にも存在しているため、足でそれを踏んだりすることで、菌が付着してうつってしまいます。

特に高温多湿で、不特定多数の方が出入りする海やプールの足ふきマットには、要注意! ここには、ほぼ100%の確率で、白癬菌がついているといっても過言ではありません。

しかし、触れたからといって、すぐに感染するわけではありません。白癬菌は、皮膚の一番外側にある角質層に寄生するのですが、その中に入り込むまでには2~3日かかります。そのため、足ふきマットを使用しても、24時間以内に洗い流せば、感染の心配は激減します。

では、万が一水虫になってしまったら、どのような症状が現れるのでしょうか?


■あなたは大丈夫? 水虫に感染すると現れる代表的な症状

水虫には、いくつか種類があり、下記のような症状が現れます。

(1)趾間(しかん)型・・・水虫の症状で一番多いのが、趾間型と言われるものです。足の指と指の間の皮がむけ、ふやけてジュクジュクした状態になり、強いかゆみを伴います。

(2)小水疱型・・・足の裏や側面に小さな水ぶくれができて、かゆみを伴います。

(3)角質増殖型・・・足の裏の角質が分厚くなり、カサカサに乾燥してひび割れを起こすことがあります。かゆみや水疱が出ないので、水虫だと気づかない方が多いやっかいな種類です。


水虫には、一目見てわかるものと、そうでないものがあることがわかりましたね。水虫を放っておいたり、治療が遅れると、症状を悪化させるだけではなく、他人に感染を広める恐れもあります。

もし、「これって水虫?」という気になる症状がある方は、一日も早く皮膚科で診察を受けることをオススメします。