スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテ茶を飲むとガンになる?その危険な飲み方とは?

マテ茶を飲むとガンになる?その危険な飲み方とは?

プーアール茶、杜仲茶、ウーロン茶など、これまでダイエットに効くと言われる中国茶が、数多く登場してきましたが、ここ最近は“マテ茶”が注目されていますよね。

過去に『美レンジャー』でも紹介してきましたが、アルゼンチン発のお茶で、“飲むサラダ”との異名を持つほど栄養価が高く、女性に嬉しい効能がいっぱいなマテ茶。

しかし、そんなマテ茶も飲用方法に気をつけなければ、危険を伴うことをご存知ですか? 今回は、管理栄養士として、多数のメディアで活躍されている北嶋佳奈さんに、“マテ茶を摂取する際の注意点”について伺いました。

■1:妊娠や授乳中の方は気をつけて

マテ茶はカフェインを含むため、持病のためカフェインの摂取を禁止されている方は、もちろん避けてください。

マテ茶には様々な栄養成分が豊富に含まれているので、薄めのマテ茶を適量であれば、妊娠、授乳中の方でも飲んでよいとも言われていますが、コーヒーの1/4程度のカフェインが含まれているので、気になる方は控えた方がよいでしょう。

また、まだ離乳食が終わっていない赤ちゃんには、避けた方が無難です。大人と同じ食事を摂るようになってから、お飲みいただくことをおススメします。

■2:アルコールとの併用は要注意

マテ茶は、アルコールと一緒に長期に渡って摂取すると、発がんの危険性が3~7倍に高まるとされているそうです。また、医薬品との相互作用もみられるため、併用する場合は医師との相談が必要とのこと。

喫煙との併用もまた、発がんのリスクを上げると言われているようなので、注意が必要です。

■3:高温で飲むことも避けて

先ほどアルコールと併用して摂取すると、発がんの危険があるとお伝えしましたが、そもそもマテ茶に発がん物質が含まれているのではないか、という噂話を耳にしたことがあるでしょうか?

実は、このような噂が浮上してしまったのは、マテ茶がたくさん飲まれている国で、咽頭がんや食道がんの人が多いためと考えられています。

伝統的なマテ茶の飲用には、ボンビラという茶器と、金属製のストローを用いるのが一般的です。しかし、この飲用法では高温のお茶が直接、口腔内や食道に触れることになるため、高温によって炎症が起こり、がん発症に関係すると言われています。

マテ茶に含まれる、発がん性物質の有無が示唆されてきましたが、現在までに発がん性物質の存在は、確認されていないとのこと。

しかし、腎臓がんや肺がんなどとの因果関係も疑われているため、「高温でなければ問題ない」と言い切ることはできないようです。長期に渡り大量に摂取するようなことはせずに、”適量を摂る”ようにしましょう。

以上、マテ茶を摂取する際の注意点についてお伝えしました。マテ茶はダイエット効果、美肌効果、疲労回復、冷え性改善に効くなど、健康によい飲み物であることには、間違いないそうです。

ただ、上記の項目に挙げたこと、適量を摂取することに十分気をつけながら、マテ茶での健康習慣を行ってみてください。
スポンサーサイト

夏にウナギを食べる本当の理由とは?

夏にウナギを食べる本当の理由とは?

寝苦しい夜が続き、寝不足などから身体がダルくて、食欲がなくなっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、夏は、これからが本番。楽しい夏を過ごすためには、夏バテにならないように気をつけなくてはいけません。

「分かってはいるけれど、そもそも“夏バテ”って何?」という人に、今回は、夏バテの原因と対策についてご紹介します。

■そもそもどうして夏バテになるの?

夏バテになるには、ある一定のサイクルがあります。毎日暑いと、大量に汗をかきますよね。また、熱中症対策として日中、水分を摂るようになります。そのため、水分でお腹がいっぱいだと感じる時間ができ、食欲が出にくくなります。

食欲がない時は、「さっぱりした物が食べたいなぁ」と、栄養価よりもさっぱり感を重視した食事が増え、結果的には栄養不足の状態に陥りやすいのです。

この栄養不足が、夏バテの原因の一つです。普段の生活の中で思い当たる節がないか、振り返ってみましょう。

■夏バテしないためにはビタミンB1がポイント

ビタミンB1が夏バテに効果的な理由は、3つあります。

(1)暑いと食欲がなくなり、麺類や清涼飲料水(糖質)を摂ることが増えるから。

(2)汗と一緒に体内のビタミンB1が失われてしまうから。

(3)エネルギー消費が多く、食事から摂った糖質をエネルギーに変える時にビタミンB1が必要だから。

夏バテ防止として、うなぎを土用の丑の日に食べる習慣がありますよね。うなぎにはビタミンB1が豊富に含まれているので、理にかなっています。大豆から作られる豆腐や納豆、豚肉の加工品であるハムやウィンナーにも、ビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1パワーを更に引き立てる食べ物として、硫化アリル(アリシン)を含むねぎ、玉ねぎ、ニンニク、ニラなどが挙げられます。一緒に食べることで、ビタミンB1が、長く身体に留まる効果が持続します。

■夏バテ対策にはやっぱり“水分補給”

寝不足や水分不足、気温の上昇による脱水症状から熱中症を引き起こす可能性があります。予防するためには、こまめな水分補給が重要です。

(1)1時間ごとに100~150mlを目安に、喉が渇く前に飲むようにしてください。

(2)冷た過ぎると口の中が冷えて体温が上がるので、飲み物は冷やし過ぎないのがオススメです。

(3)激しい運動や大量の汗をかく時は、スポーツ飲料がオススメ。汗とともに失われた塩分を取り戻せます。

(4)普段の水分補給は、お水かお茶で。スポーツ飲料は糖分が多いので、普段から飲むと太ってしまう可能性があります。

(5)カロリーオフの飲料はカロリーは少ないですが、人工甘味料(添加物)が入っているものもあるので、摂り過ぎには気をつけましょう。

■夏はやっぱり汗をかこう!

人間は自律神経が働いていることで、汗をかいて体温調節をしたり、食べ物を食べて消化したり、意識していなくても身体が働いています。暑いからといって、冷房のきいた部屋で汗もかかずに過ごしていると、自律神経がうまく働かなくなり体調を崩す原因にもなります。

夏は、やっぱり汗をかくことも大切です。いっぱい汗をかいて、自律神経を働かせることも忘れずに。

食欲がないからと、さっぱりした食事ばかりしていては元気が出ません。食事の内容と水分補給に気をつけながら、夏バテ知らずの楽しい夏を過ごしましょう。

美人を作る穀物!アマランサス・キヌア・はと麦の効果!

美人を作る穀物!アマランサス・キヌア・はと麦の効果!

暑い日が続くと、どうしても食欲が落ちてしまいますよね。食欲が落ちると、夏から秋にかけての残暑を乗り切る体力がなくなり、”バテバテスパイラル”から抜け出せなくなってしまうので、早めに手を打ちたいところ。

そこで今回は、サラダやいつもの料理にちょい足しをするだけで、栄養をグーンと高めてくれる、今話題の雑穀3つをご紹介したいと思います。


■1:スーパーグレイン”アマランサス”

アマランサスは、メキシコ高地や南アンデス高原原産のヒユ科ヒユ属の雑穀で、今、最も注目を集めている雑穀でもあります。

その理由は、良質なタンパク質やミネラルの含有量が、雑穀の中でもずば抜けて多いということ。また、白米と比べて食物繊維は15倍、鉄は50倍、カルシウムは30倍、マグネシウムは12倍、さらに、リンやカリウム、ビタミンB6、ビタミンEも含まれているのです。

しかも、アマランサスの調理方法はとても簡単! 白米2~3合に対して、大さじ2杯のアマランサスと水30mlを加えて一緒に炊くことで、不足しがちな栄養を、手軽にたくさん摂れてしまうのです。

その他にも、アマランサス大さじ3杯に対して2倍の水を加えて鍋で炊けば、サラダやパスタなどにも加えることができちゃいます。


■2:NASAが推奨する21世紀の主食”キヌア”

キヌアは、ほうれん草と同じヒユ科アカザ亜科アカザ属の雑穀で、南米ペルーを中心に栽培されています。

良質なタンパクや鉄分、カルシウム、ミネラル、食物繊維を含み、白米と比べてビタミンB1の含有量は5倍、ビタミンEは30倍と、高い美容効果を持つところも女性には嬉しいですよね。

キヌアを調理するときは、まず洗ってゴミを取ります。それから、キヌア1に対して2倍の水と、ひとつまみの塩を加えて鍋に入れ、中火にかけます。煮立ったらフタをして20分ほど弱火にかけると、キヌアが透明になりヒゲのようなものがピンと立つので、水気を飛ばして10分間蒸らします。

麦に含まれるグルテンが入っていないので、小麦アレルギーの方でも食べることができますよ。


■3:美肌雑穀”はと麦”

はと麦はイネ科ジュズダマ属の雑穀で、アジア山岳地方で古くから栽培されてきました。良質なタンパク質やビタミンB群、ミネラルを豊富に含むだけではなく、アミノ酸の含有量は雑穀の中でもトップクラス。

はと麦特有の成分でもある”コイクセノリド”は、肌の新陳代謝を高めるので、ニキビやイボの治療に効果を発揮します。加えて、水分代謝を活発にする作用もあるので、胃腸を整え、腎臓の働きを促し、シミやソバカスにも良いとされています。近頃では、細胞の異常発生を抑える作用もあるとわかり、ガンの抑制にも効果が期待されています。

はと麦は、お茶で取り入れるのがオススメです。麦茶のような香ばしさで、飲みやすいですよ。


以上、人気の雑穀3つの特徴をお伝えしました。いつもの料理にサッと加えて、厳しい残暑もキレイに元気に乗り切りましょう!