スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超簡単!簡単なマッサージでバストアップ術!

超簡単!簡単なマッサージでバストアップ術!

バストアップしたいけど、マッサージにエクササイズに……あれこれやるのは、続かないという方もいるでしょう。しかし、何もしないままでは、いつまでたってもバストのコンプレックスからは抜け出せません!

そこで今回は、ズボラ女子でも続けられる、暇な時間に揉むだけでOKのバストアップケアをご紹介します。


■揉むべき場所は3つで想像以上の効果アリ! 

バストのお悩みを持つ方は、バスト周りの血行が悪い傾向があります。とくに、バスト周りを触るとひんやりしている方は、血液が滞って、栄養がバストに行き渡っていない証拠。血行がよくなるだけで、バストによい変化が出てきます。ふと思いついた時に、ご紹介する場所を揉んでみてください。

(1)鎖骨

鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして、中心から外側にかけて、グッグッと力を入れて揉んでいきましょう。鎖骨なら、いつでもどこでもマッサージできます。待ち合わせで友人を待っているとき、レジに並んでいるとき、気がついたときに行ってみてください。

(2)脇の下

脇の下にも大きなリンパがあります。少し力を入れて、揉みほぐしましょう。余裕のある方は、手首から二の腕にかけて、やさしく擦ってみて。腕の外側、内側ともに、手のひらで脇の下に向かって流すように行いましょう。

(3)バストラインの横

バストラインの横、体側部分をマッサージしましょう。凝り固まっている方は、揉むとやや痛みを感じるかもしれません。ブラのラインを目安に、前後上下に少しずつ手をずらして、気持ちいいところを探しながら揉んでみましょう。


これだけなら、無理なく毎日できそうですよね。TVを見ながら、お風呂に入りながら……毎日ちょっとした時間があるときに、ぜひモミモミしてみてくださいね。
スポンサーサイト

バストトップが黒い?モテ乳首になる方法!

バストトップが黒い?モテ乳首になる方法!

人に相談しにくく、自分で気になってしまうのが、ビキニラインやバストトップの黒ずみ。ケアをしにくい場所だし、第一「どうやってケアしたらいいかわからない!」という方も多いはずです。

そんな恥ずかしい場所を、自宅で簡単に、しかも低価格でできてしまうスペシャルパックの方法をご紹介しましょう。今から少しずつ始めれば、きれいになって夏本番を迎えられるかもしれませんよ。


■ヨーグルトのホエー(乳清)が美白に優秀

ヨーグルトのパックを開けたときに、中に一緒に含まれている半透明の水分が、ホエー(乳清)と呼ばれるものです。このホエーには水溶性のビタミンやミネラル、タンパク質をたくさん含んでおり、捨ててしまうにはもったいないほど優秀なもの。ホエーを別の皿に移して、ぜひ美容に有効活用しましょう。

ヨーグルトを、キッチンペーパーを敷いたざるにのせて”水切りヨーグルト”を作り、そのときに出る水分(ホエー)を集めてもOKです。


■バストトップのホエー美白パック

うっすらピンク色のバストトップに憧れるのは、男性だけでなく女性自身だって同じです。そんなバストトップの美白に有効なのがホエーです。

ホエーには美白効果があり、顔の美白パックに使っている人もいるほどです。コットンにホエーを浸し、バストトップにやさしくなじませてあげましょう。そのままコットンをつけて、上からラップで密着させ、美白パックをするのもおすすめです。


■ビキニラインのホエー美白パック

知らず知らずのうちにできてしまう、ビキニラインの黒ずみにもホエーは有効。お風呂上がりのきれいな状態で、気になる箇所にホエーをなじませるだけ。

コットンにホエーを浸して、そのままビキニラインにしばらく置いておくと、成分が肌により浸透していくでしょう。


ホエーをこれらのパックに使うときは、無糖のヨーグルトを用意して、なるべく添加物などが少ないものをセレクトすると良いでしょう。

口に入れても大丈夫な肌にやさしいものではありますが、デリケートな場所のため、いきなり長時間パックをして肌に負担をかけないよう、様子を見ながら行うことをおすすめします。

バストアップに効果的な大胸筋トレーニング

大胸筋のエクササイズに励んでも、なかなかバストアップ効果が得られない……と感じたことがある人は、少なくないはず。実は、バストアップを叶えるには、大胸筋を鍛えるだけでは不十分。大胸筋に加え、“肋骨挙筋”“小胸筋”の3つを鍛えてはじめて効果が期待できます。

そこで今回は、パーソナルトレーナーの小林麻利子さんにうかがった、バストアップのために鍛えるべき3つの筋肉と、効果的なエクササイズをご紹介します。


■鍛えるとバストアップに効果的な3つの筋肉

鍛えるとバストアップに効果的な3つの筋肉

(1)ボトムアップを叶える“肋骨挙筋”(ろっこつきょきん)

どれだけ大胸筋を鍛えても、土台である胸郭(肋骨、胸椎、胸骨)がペタンとしていては、ボリュームが出ません。バストアップには胸郭に丸みを出し、ボトムアップさせることが効果的。胸郭がペタンコの方は、肋骨挙筋という筋肉が長く伸び切っていることがあるため、この筋肉を鍛えバストのボリュームアップに繋げましょう。

(2)谷間をつくる“小胸筋”
小胸筋とは、大胸筋に覆われており肩甲骨(烏口突起)に繋がっている筋肉。この筋肉が衰えると、バストがびろーんと外側に広がってしまいます。谷間のあるバストを目指すなら、小胸筋のエクササイズが重要です。

(3)下垂を防ぐ“大胸筋”
バストの土台とも言える大胸筋。大胸筋は放っておくと、加齢で衰えていきます。バストの土台が衰えると、バストアップどころか下垂しやすくなり、形も崩れてしまいます。バストの維持、バストアップには、大胸筋のエクササイズは欠かせません。

肋骨挙筋、小胸筋、大胸筋をすべて鍛えてこそはじめて、バストアップ効果が期待できます。


■プロ直伝の究極のバストアップエクササイズ

(1)肋骨挙筋エクササイズ
背中の下に丸めたタオルを入れます。胸が開いた状態で、片手は上に、片手は下にします。このとき、上の手は肘を45度に曲げるよう意識します。この状態で胸を開くように、大きな深呼吸を10呼吸行います。その後、左右腕を逆にして同じように10呼吸行いましょう。

プロ直伝の究極のバストアップエクササイズ

(2)小胸筋エクササイズ
手の甲と肘をくっつけるように合わせます。次に、肩甲骨を寄せるように胸を開き、腕を床につけます。このとき、手のひらは外側を向くように意識します。続いて、両腕を上げ手の甲をくっつけます。最後に、そのまま肘を曲げて、腕を下に引きます。小胸筋だけでなく、肩甲骨周りの筋肉も効率良く動きます。この4つの動きを10回×3セット行うのが理想です。

プロ直伝の究極のバストアップエクササイズ

(3)大胸筋エクササイズ
500mlのペットボトルを持ち、両腕を開きます。両腕を曲げないように同時にゆっくり上げ、元の位置にゆっくり戻します。これを10回×3セット行うのが理想です。

プロ直伝の究極のバストアップエクササイズ

以上、バストアップに効果的なエクササイズをご紹介しました。最初は少しキツイなと感じるかもしれませんが、本気でバストアップをしたい人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

巨乳に見えるバストメイク!谷間は描く時代!

巨乳に見えるバストメイク!谷間は描く時代!

米国のアカデミー賞やカンヌ国際映画祭でのセレブのドレス姿、素敵ですよね。当然ヘアとメイクにも気合いが入っているのですが、よく見るとデコルテや腕など、ボディまで入念にケアされていることが分かります。

ボディのアザやシミをカバーしたり、胸元の広いドレスを着た時に胸元が豊かに見えるように、メイクでボリュームUPすることもできます。

そこで、水着やミニドレスなど解放的な夏にぴったりの、デコルテメイク術をお伝えしようと思います。



■簡単”バスト”ボリュームアップ術!

準備するものは、パッド入りの胸を寄せるタイプのブラに、パウダーシャドウ(アイシャドウやチーク)、フェイスパウダー、パールなしのハイライト、毛先が斜めのタイプのブラシ、チークブラシです。

(1)まずブラをつけ、肌に影を作るカラーをチークブラシにとって、胸の谷間から丸みに沿って、シャドウを入れていきます。グレーブラウンや日焼け肌に見せるダークオレンジなど、肌に馴染みやすいカラーをチョイス。始めは薄く入れていき、次第にお気に入りの濃さに仕上げます。

(2)次に、肌よりも明るいトーンの白系のカラー(ホワイトベージュやオフホワイトなど)をダークカラーの上下に、ダークカラーをぼかすように入れていきます。谷間にもハイライトを入れると、より谷間が強調されます。

(3)シャドウは、谷間にフォーカスするのではなく、洋服の内側まで入れ、デコルテ全体にパウダーをかけて仕上げます。

シャドウよりもハイライトを活かすと、より自然に見えますし、シャドウを使わない場合は、ハイライトを胸の丸みの高い位置や、谷間にのせるだけでも立体感が生まれます。

できあがったら、左右の角度や自然光の下で、不自然に見えないかチェックします。こうすることで無理やり胸を寄せなくても、肌をキレイに見せ、簡単に胸元の印象を変えてくれます。

胸元の開いたドレスを着る時などは、胸元やデコルテもキレイにすると、断然おしゃれに見えます。ぜひ取り入れてみてくださいね。