スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性NG!スタイルが悪く見える夏の服装!

男性NG!スタイルが悪く見える夏の服装!

出会いの夏、イベント参加時にはいつも以上にファッションにも気合いが入りますよね。

しかし、注目度の高い流行アイテムを取り入れてみたものの、着るとどこかスタイルが悪く見えてしまう……という経験をしたことがある女性は、少なくないはず。自分に似合わないなと感じるものは着なければよい話ではありますが、それでも流行やトレンドは取り入れたいですよね。

そこで今回は、スタイルが悪く見えがちな夏の流行ファッションと、スッキリ着こなすポイントをご紹介します。

■1:ぺたんこシューズ

ヒールの靴を履きなれている人がぺたんこシューズを履くと、急にスタイルが悪くなったように感じたり、バランスよくコーディネートできないなんてことも。

ぺたんこ初心者でも履きこすためのコツは、半端丈のボトムを選ばないこと。マキシ丈のスカート、もしくはミニ丈のパンツやスカートと合わせると、全身のバランスがよくなります。

■2:オールホワイトコーデ

上下ともに白で統一するオールホワイトコーディネートは、爽やかで顔色もパッと明るく見せてくれます。

しかし、白は膨張色なだけに、一歩間違えると全体的にぽっちゃりして見えることも。ベルトやバッグ、靴にオレンジや黄色、青などのカラーアイテムを加えると、コーディネートにメリハリが出ます。

■3:Tシャツ“イン”のスタイル

今年の夏は、スカートやハイウエストのパンツに、Tシャツをインして着るスタイルが流行っています。しかし、Tシャツをボトムに入れることでウエスト周りやヒップ、下腹が丸見えに。スタイルが気になるという女性も少なくありません。

気になるパーツがある人におすすめのボトムは、チュールスカート。ふんわりしたシルエットがヒップや下腹、太ももを隠してくれ、Aラインなので視覚効果から、ウエストもスッキリ見えるのでおすすめです。

■4:タイトスカート

大人っぽいスタイルに欠かせない、今年のトレンドがタイトスカート。ONはキリッとシャツと合わせ、OFFはTシャツやスニーカーと合わせて、ラフに着こなすのが今年風。

しかし、タイトなだけにヒップライン、下腹が気になりますよね。そんなときはシャツやカーディガンを腰に巻くことで、気になる部分がカバーできます。

■5:ボーダーアイテム

今年流行の柄のひとつがボーダー。しかし、横のラインを強調するボーダーは、誰もが太って見えることを懸念する柄のひとつ。そこでおすすめしたいのが、太目のボーダー。細いボーダーよりも太いものの方が、全身がスッキリ見えます。

花柄も同様です。小花柄よりも大き目のボタニカル柄の方が、ほっそり見せることができます。

以上、スタイルが悪く見えがちな夏の流行ファッションと、着こなしのコツをご紹介しました。どれも少し工夫するだけでスッキリバランスよく見せることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。
スポンサーサイト