スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対にやってはいけない毛穴ケア!肌荒れの原因にも?

絶対にやってはいけない毛穴ケア!肌荒れの原因にも?

女性の肌悩みのひとつが毛穴。特に夏は、冬と比べて皮脂量が2倍になるので毛穴が開きやすく、汚れがたまりやすい時期でもあります。そんなときこそ正しい毛穴ケアを行いたいところですが、実は逆効果なケアを行っている人が少なくありません。夏の終わりにはの開きや黒ずみが目立つなんてことも……。

そこで今回は、今すぐやめたいNG毛穴ケアと、今おすすめの毛穴クレンジングをご紹介します。

■女性に多い毛穴トラブル

毛穴トラブルの代表的な例として以下の4パターンがあげられます。

(1)開きっぱなしの毛穴

(2)たるみ毛穴

(3)角栓詰まり毛穴

(4)黒ずみ毛穴

(1)(2)は毛穴が開いたままの状態や、肌のたるみが引き起こす毛穴トラブルです。保湿やエイジングケアで肌のハリを取り戻すことが必要です。

そして毛穴トラブルで特に多い悩みが(3)と(4)です。これらは皮脂や角質、メイク汚れが毛穴につまった状態、そしてそれが酸化して黒ずんだ状態です。実は、これらを解消するために逆効果なお手入れをしてしまっている人も少なくありません。

■実は気をつけたい毛穴ケア3つ

(1)毛穴パックでの毛穴ケア

(2)スクラブ入り化粧品で頻繁にお手入れ

(3)入念すぎるW洗顔

特に鼻は剥がすシートタイプの毛穴パックやスクラブ入りの化粧品は使用頻度や力加減を守らないと肌に大きな負担をかけていまうことも……。

また、クレンジングの基本ともいわれるW洗顔も注意が必要です。時間をかけて念入りにW洗顔すればするほど肌に必要な皮脂までも過剰に奪い、肌は乾燥して開き毛穴やたるみ毛穴を招くこともあります。そこで、毛穴ケアにおすすめのクレンジングアイテムをご紹介します。

■メイク落としも毛穴ケアもできる理想の一本

今回ご紹介する『マナラ ホットクレンジングゲル』は、2006年の発売以来、売上げ総数350万本を突破した大人気のクレンジングアイテムです。その理由は以下です。

(1)クレンジングで毛穴ケアができる

美容成分が角質層を柔らかくし、肌のざらつきを解消します。また、メイクや皮脂汚れとなじみやすい美容成分が配合されていて、汚れをしっかりからめ取るので、毛穴の黒ずみに効果的。

(2)美容成分90.4%配合、美容液のようなクレンジング

6種類のコラーゲンサポート成分はじめ、ハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体など、豊富な美容成分が配合されていて、乾燥による小じわが気にならなくなります。

(3)ダブル洗顔不要

ホットクレンジングゲルはW洗顔不要、メイクや汚れを一度でスッキリ落とせるので、肌のうるおいを守り、乾燥から守ることができます。

(4)こだわりの7つの無添加

多くのクレンジングに配合されている石油系界面活性剤、着色用、合成香料など肌に不要なものは使用していないので敏感肌の方にも好評です。

(5)肌になじませるとじんわり温かくなる仕様

特におすすめはバスタイムでの使用。毛穴が開き、より汚れが落ちやすくなります。また、ゲルを肌になじませるとじんわり温かくなり、グレープフルーツのアロマの香りがほんのり香るのでリラックスしながら使用できます。

この圧倒的な商品力に使用者の満足度が高く、「うるおい満足度」96.1%、「これからも使い続けたい」98%という結果が出ています(※自社アンケート結果)。

毛穴が気になる夏だからこそ、このホットクレンジングゲルでお得にキレイにケアしてくださいね。
スポンサーサイト

顔の産毛は剃るべき?意外と役割がある顔毛の秘密!

顔の産毛は剃るべき?意外と役割がある顔毛の秘密!

よく、「顔にうぶ毛が生えている女性を見て、引いた……」なんてことをいう方がいるため、”顔のうぶ毛は悪者”といった認識が持たれつつある昨今。

でも、顔のうぶ毛は本当に悪者なのでしょうか?  実は、肌を守る重要な役割がある大切なものだとわかったらどうでしょう?

そこで今回は、顔のうぶ毛を処理しないことのメリットについて、お話していきたいと思います。



■1:無用な肌荒れを予防できる

カミソリや電気シェーバーを使って、顔のうぶ毛を処理するという行為自体が、少なからず肌に負担を与えています。なかには、カミソリ負けをして、肌荒れを起こす方も少なくありません。

肌が弱い方は、無用な肌荒れを予防するためにも、うぶ毛の処理をやめてみるといいかも。



■2:毛穴の掃除ができる

うぶ毛は、2~3ヶ月に1回のペースで生え変わります。そのときに、毛穴の老廃物と一緒に抜け落ちてくれるので、毛穴の掃除ができます。



■3:紫外線や熱から守ってくれる

うぶ毛がない状態というのは、肌を直に露出していることになります。その分、老化の原因になる紫外線や熱をダイレクトに受けてしまいます。



■4:小顔に見せてくれる

日本人のうぶ毛は、髪と同様に黒いケースがほとんどです。あまりにも濃くて目立つようであれば処理するのもいいのですが、うっすらと生えている程度なら、自然のシェーディング効果として利用しちゃいましょう。

特に、こめかみやもみあげあたりのうぶ毛は、小顔に見せるために役立ちますよ。



■5:ふんわり桃肌になれる

うぶ毛は、毛穴から出てくる皮脂を吸い上げて、肌表面の潤いを守ってくれます。そのため、うぶ毛のある肌は、赤ちゃんのようなふんわりとした桃肌に見せることができるのです。



ちなみに筆者は、うぶ毛の処理をやめてから肌トラブルが減りました。つるんとした卵肌も素敵なのですが、肌が弱い方や乾燥、紫外線が気になる方は、うぶ毛の処理をやめてみるのもいいかもしれませんね。